八田マサ子バレエ研究所 講師のご紹介
講師のご紹介
講師のご紹介
八田マサ子

八田 マサ子
1950年上島君子バレエ研究所入門、上島君子氏に師事、55年故友松宏之氏に、そして57年に薄井憲二氏に師事、65年に独立し八田マサ子バレエ研究所を設立しました。以来、正統派クラシックバレエを基本とした指導をし、元チャイコフスキー記念東京バレエ団プリンシパルの高岸直樹氏他、多くの優秀な子弟を輩出しています。

古典作品では、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」三大バレエなどを降り付け、日本文化を取り入れた創作では「かぐや姫」「万葉集」「永田萌詩画集より もえファンタジー日本のうた」など独創的振り付け・演出し、高く評価され、平成19年度には「京都市芸術文化協会賞」を受賞しました。


柳川圭子 プリエ・バレエスタジオ

柳川 圭子
プリエ・バレエスタジオ講師
3才より八田バレエでバレエを始め、ソウダバレエスクールを経てロシア国立ペルミバレエ学校へ留学。エリザヴェータ・フョードロヴナ・フレプトーヴァ師に指導を受ける。
2007年入学、2010年卒業 正式ディプロマ取得
2010年ロシア国立ウドムルトオペラバレエ劇場に入団
2011年帰国後、プリエ・バレエスタジオにて講師を務める。